ワキガ

自律訓練法とは

"自律訓練法"とは、自律神経の動きを自分でコントロールできるように訓練する方法のことで、この"自律訓練法"を身につけると、自分で意識してリラックスした状態を作り出すことができるようになります。


素人が簡単にできる方法ではないので、具体的な方法は専門家の方に相談してください。ただ、一言で説明するとしたら、"自分の身体感覚に暗示をかけていく"といった感じです。


この"自律訓練法"は、やる気さえあれば誰でも身につけられる技術ですが、何段階かに分けて習得していく必要があり、それぞれの感覚を身につけるのに、大体3〜6ヶ月くらいずつかかるそうです。かなり長い目で見ながら、訓練を続けていくしかありません。


ただし、この"自律訓練法"には、多汗症の治療だけでなく、普段の生活でたまったストレスの解消や心身のバランス回復など、さまざまな効果があります。身につけておいて損はない技術です。

系統的脱感作法とは

自律訓練法を習得したら、次に"系統的脱感作法"を訓練します。この"系統的脱感作法"では、どんなに緊張する場面でも、意識してリラックスした状態を作り出し、汗が出ないようにコントロールできるようになることを目指します。


具体的な方法は専門家の方に相談してもらうとして、簡単に説明すると、"まったく緊張しない場面"から"一番緊張する場面"までを10段階に分けて設定し、下から順に自律訓練法を使って克服、つまりその場面を思い浮かべて緊張しても、すぐにリラックスできるように訓練していくんです。


この訓練を繰り返すことで、どんな場面に出くわしても、すぐに自分の力でリラックスし、汗をかかないようにコントロールできるようにしていきます。