ワキガ

ロゴセラピーとは

"ロゴセラピー"とは、簡単にいうと"汗と向かい合い、開き直ってしまう"治療法のことです。


例えば、多汗症で悩んでいる場合、とにかく汗をかかないように心がけている人が多いと思います。これで多汗症の症状が軽くなる人もいると思いますが、結構な数の人が逆に多汗症の症状が重くなってしまったんじゃないでしょうか?


この"汗をかかないように心がけている"という状態。これ、一見して"汗と向かい合っている"ように見えますが、実は"汗から逃げちゃってる"んです。


"汗をかく"という現実があるにも関わらず、"汗をかかないようにしている"というところが"逃げている"といった感じでしょうか。(かなりアバウトな説明ですが・・・)


しかも、"汗をかかないようにしている"ということは、それだけ自分の神経を汗に集中させていることになります。多汗症の症状というのは、汗を意識すればするほど、どんどん症状が悪化していきます。そのため、汗と向かい合って(いるように見える)、汗をかかないようにしている人ほど、逆に多汗症の症状が悪化しがちなんです。(もちろんこれで多汗症が治ってしまう人もいますけどね)


だから、"ロゴセラピー"では、その逆を行います。つまり、"汗をかかないように心がける"のではなく、"かけるだけ汗をかいてみよう!"と思うんです。これが"汗と向かい合い、開き直ってしまう"ということです。


この"ロゴセラピー"について説明すると、「そんなの効果があるわけないじゃないですか。意味がないですよ。」と言う人がいますが、これが結構効果があるんです。しかも即効性があります。


基本的には、この"ロゴセラピー"も専門家に手伝ってもらう必要がありますが、心構えくらいなら自分一人ですることができます。だまされたと思って、一度"汗をかかない"ではなく"かけるだけ汗をかいてみよう"と心構えを変えてみてください。驚くくらい効果が出るかもしれませんよ?