ワキガ

ワキガもある多汗症を治療するには

ワキガもある多汗症のことを、"ワキガ型多汗症"というのですが、このワキガ型多汗症を治療する時には、どのくらいわきがの臭いが強いのか、そして患者さんがどのくらい臭いを気にしているか、が大切な要素になります。


ワキガ型多汗症を治療する場合、治療後に臭いがそのまま残っては意味がないですし、患者さんがどのくらい臭いを気にしてるかによっては、精神的多汗症にもつながってくるからです。


大体の基準としては、臭いが中程度までのワキガ型多汗症なら、市販の制汗剤でも対応することができます。ただし、患者さんが臭いを気にしているようなら、手術してもいいでしょう。


そして、臭いが強度のワキガ型多汗症なら、手術したほうがいいと思います。手術でアポクリン汗腺とエクリン汗腺を取り除いてしまえば、かなり"汗"と"臭い"を抑えることができるからです。個人差はありますが、大体7〜8割くらいは汗を抑えることができますよ。

ボトックスで多汗症を治療する

メスを使わない簡単な多汗症・ワキガ治療として、ボトックスをワキの下に注入する方法があります。わきがに対してもそれなりに効果があるのですが、それ以上に多汗症への治療効果が非常に高いです。


なぜなら、ボトックスには汗の分泌を抑える効果があるからです。ワキの下に注入すれば、当然ワキの下の汗の量が減ります。多汗症対策に抜群、というわけです。


これ、効果は半年〜1年くらいで消えちゃうんですけど、それだけじゃ終わらないんです。効果が切れてるはずなのに、"汗の量が減ったまま"になる人が多いんですよ。


これは、ボトックスのおかげで汗の量が減り、「自分はあまり汗をかいてない」「ボトックスを受ければ、汗を抑えられる」というある種の"自信"みたいなものが芽生えるからだと考えられています。


特に精神的なストレスのせいで多汗症になっていた人の中には、このボトックス治療を一度受けただけで、多汗症を克服しちゃう人がいるくらいなんですよ。