ワキガ

多汗症の人に注意してもらいたいポイント

ここでは、簡単にですが多汗症の人に注意してもらいたいポイントについて説明します。これらのことを実行したからといって、ワキガの臭いや多汗症を完全に抑えれるわけじゃないですが、それでもやり方によってはかなり効果があります。ぜひ試してみてくださいね。

汗をかいたらすぐに拭く

まず、汗をかいたら、こまめに拭くようにしましょう。すぐに拭きとってしまえば、臭いを最小限に抑えることができますし、"汗を拭きとった"という安心感も生まれます。


また、汗をたくさんかくと、塩分が濃くなってきてネバネバしだします。そうなると、周りのホコリを吸い取り、臭いが強くなってしまうんです。そうなるまえに、拭き取ってしまうのが一番です。


ちなみに、かいたばかりの汗なら乾いたタオルで、ネバネバしだした汗なら濡らしてしぼったタオルか、市販の汗拭きシートで拭くと効果的です。

デオドラント剤を使いすぎない

臭いを抑えられるからといって、大量にデオドラント剤を使う人がいますが、実はデオドラント剤の使いすぎは逆効果になることがあるんです。


デオドラント剤には、悪臭の原因である雑菌を殺す効果があります。しかし、この悪臭の原因である雑菌には、さらに強力な雑菌が発生するのを防ぐ、という役割があるんです。


つまり、デオドラント剤を使いすぎて、(普通の)雑菌を殺しすぎると、さらに強力な雑菌が繁殖してしまい、悪臭がさらにひどくなってしまうことになりかねないんです。


また、それ以外にもデオドラント剤を使いすぎると、その成分が汗腺や皮脂腺につまってしまい、それが悪臭の原因になることもあります。

朝はぬるめのシャワーで

朝にシャワーを浴びる、という人に注意してもらいたいのが、朝に熱いシャワーを浴びるのはよくない、ということです。


汗が出てくる汗腺は、温度差によって反応します。自分の体と外気温の温度差が激しいと、それだけ汗をかきやすくなっちゃうんです。


つまり、朝から熱いシャワーを浴びると、浴び終わった後に汗をかいてしまい、せっかく清潔にしたのに、意味がなくなっちゃうんです。


どうせ朝からシャワーを浴びるなら、ぬるめのシャワーを浴びるようにしましょう。