ワキガ

多汗症の原因

多汗症とは、(普通の人と比べて)大量に汗をかいてしまう病気のことです。エクリン汗腺が普通の人より活発に動くことでなっている場合もあるのですが、最近では精神的なストレスが引き金となって起こる多汗症が増えてきているようです。


この精神的なストレスによって起こっている多汗症は、仕事などのストレスが原因で起こっている場合も多いんですが、それ以上に多いのが"わきがの臭い"を気にするせいで起こっているパターンです。


ワキガの人で、自分の臭いに気づいた人は、非常に自分の体臭を気にし始めます。「今、自分は臭いんじゃないか?周りの人は、自分の悪臭を我慢してるのかも・・・・?」と、ずっと考えるようになるんです。で、ずっとそんなことを考えいれば、嫌でもストレスがたまりますよね。そのストレスが原因で、多汗症を引き起こしてしまうことがあるんですよ。

局所多汗症は精神的ストレスで起こりやすい

しかも、上で説明したような精神的なストレスで起こるのは"局所多汗症"であることが多いんですが、この局所多汗症がまたやっかいなんですよ。


実は、局所多汗症は、手のひらや足の裏、額、ワキの下などの特定の部位に起こる多汗症なんです。そう、ワキガが発生する"ワキの下"で起こるんです。しかも、多汗症で出る汗はエクリン汗です。どうなるかわかってもらえるでしょうか?


ワキガの悪臭を、多汗症の汗が広げちゃうんですよ。しかも大量の汗だから、普通の人より広い範囲に広げちゃいます。より、ワキガの悪臭がひどくなってしまうわけですね。


つまり、精神的ストレスから起こる"局所多汗症"は、ワキガの臭いのせいで発生しやすく、発生するとその汗のせいで、さらにわきがの悪臭を広げてしまうわけです。まさに悪循環。非常にやっかいな症状なんです。