ワキガ

皮下組織掻爬法

"皮下組織掻爬法"とは、ワキの下の(ほぼ)中心に数cmの切り込みを入れ、そこからキューレットというスプーンのような器具を挿入し、アポクリン汗腺などを掻き出してしまうわきがの手術です。


この"皮下組織掻爬法"では、キューレットを挿入できる分だけ切り込みを入れればいいので、手術後の傷跡は小さくて済みます。しかし、皮膚の中をキューレットを手探りで動かすため、アポクリン汗腺などを完全に掻き出してしまうのは難しいです。また、キューレットで皮膚の中を引っ掻きすぎてしまい、中の組織を傷つけてしまう危険性もあります。

皮下組織削除法

"皮下組織削除法"とは、ワキの下に1cmくらいずつ数箇所切り込みを入れ、そこから"片方がローラー、もう片方が鋭利な刃"でできた特殊なハサミのような器具を挿入し、アポクリン汗腺などを削り取ってしまうわきがの手術です。


ちなみに、ローラーの部分で皮膚表面を押さえ、鋭利な刃の部分でアポクリン汗腺などを挟むようにして削り取っていきます。


この"皮下組織削除法"なら、ローラーで押さえているので、安全かつ確実にアポクリン汗腺などを削り取ることができます。ただし、医師の確かな技術力が条件です。未熟な医師がやると、まず満足いく効果が得られません。


また、この"皮下組織削除法"の一番の難点が、アポクリン汗腺などを削り取ることで皮膚が薄くなってしまい、皮膚が硬くなり、色が変わってしまうことです。これは腕を上げるとかなり目立ってしまうので、この"皮下組織削除法"は女性にはオススメできないワキガの手術法だといえます。

皮下組織吸引法

"皮下組織吸引法"とは、ワキの下に数mmの穴を開け、そこからカニューレという細い管を挿入し、アポクリン汗腺などを吸い取ってしまうわきがの手術です。


この"皮下組織吸引法"なら、体への負担が少ないので入院する必要がなく、傷跡もほとんど残りません。手術後の回復も比較的早いです。


ただし、あくまでカニューレを挿入して吸引するだけなので、アポクリン汗腺などを完全に吸い取りきれないことが多く、わきがの臭いが残ってしまうことがあります。


また、カニューレで強く吸い取りすぎると、皮膚や他の組織を傷つけてしまう危険性もあります。