ワキガ

根本的にワキガを治すには手術しかない

いまのところ、根本的にわきがを治すには、手術してワキの下にあるアポクリン汗腺とエクリン汗腺、皮脂腺を取り除くしかありません。

(ただし、食生活の変化などによって汗の成分が変わり、ワキガがなくなることはあります。軽度のわきがの人は、食生活の改善だけでも結構効果が出ることが多いです。ですが、これは"根本的"にワキガが治った、とは言いにくいですよね。)


わきがの手術にもいろいろ種類がありますが、とりあえず管理人が知っているものについて説明します。

切除法

"切除法"とは、ワキ毛のある部分を全て取り除く、つまりアポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺をまるごと取り除いてしまうわきがの手術です。昔からよく行われてきた手術法ですね。


この"切除法"なら、(医師がミスらない限り)完全にワキガが治ります。ただし、大きな傷跡が残ったり、傷跡がケロイド状に盛り上がったり、赤くただれたままになったりします。最悪、ワキの下の神経や血管を圧迫してしまい、腕の上げ下げがうまくできなくなってしまうこともあります。


後遺症が多いため、いまでは行われていないワキガの手術法です。

剪除法

"剪除法"とは、ワキの下のシワに沿って4〜5cmの切り込みを数本入れ、そこから皮膚をめくってアポクリン汗腺をハサミで切り取ってしまうわきがの手術です。


この"剪除法"は、医師が実際に目で見て、アポクリン汗腺を1つ1つ切り取っていくので、技術が未熟な医師がやると、アポクリン汗腺が残ってしまう危険性があります。医師選びが結構重要です。


ただし、この手術法なら傷跡は4〜5cmだけ、しかもシワに沿って切るので、それほど目立ちません。医師の技術が確かなら、確実に効果のあるワキガの手術法なので、おすすめのワキガ手術として、この"剪除法"を押してくる医師も多いようです。


ちなみに、最近は技術力が向上したので、手術時間も結構短くなりましたし、手術費用もそれなりに安くなってきているみたいです。