ワキガ

デオドラント剤の効果

デオドラント剤には、汗を抑えたり、ワキの下で細菌が繁殖するのを抑えたり、ワキガの臭いを緩和させたり、といろいろな効果があります。が、それほど効果が強いわけじゃありません。軽度のワキガならデオドラント剤で抑えることができますが、強度のワキガに対してはほとんど効果がない、と言ってもいいくらいです。


ですので、強度のわきがの人は、自分にとってデオドラント剤はほんの一時しのぎでしかない、ということを自覚しておいてください。日頃から持ち歩いておいて、緊急時に一時的にワキガの臭いを抑える、という使い方がベターだと思います。


逆に、軽度のわきがの人なら、日頃からワキの下を清潔にしておけば、デオドラント剤だけで十分ワキガの悪臭を抑えることができます。ただし、使いすぎはよくないので、効果的に使うように心がけましょう。

デオドラント剤の選び方

まず、ワキガの臭い対策として考えるなら、"抗菌・殺菌効果の強い"デオドラント剤を選ぶようにしましょう。"制汗効果"ももちろん必須です。


とはいっても、最近のデオドラント剤は、大抵のものがこの条件をクリアしてます。ですので、デオドラント剤を選ぶ時のポイントは、"どの効果に一番力を入れているか"だと思います。


デオドラント剤の缶を見てみると、「制汗効果が強い」とか「強力殺菌作用」とか書いてあるはずです。それを見て、自分が気になる症状への効果が強いものを選ぶんです。例えば、汗が気になる人なら「制汗効果が強い」ものを、臭いが気になる人なら「殺菌作用が強い」ものを選んでおけば、まず大丈夫です。


後、最近、"スティックタイプ"のデオドラント剤が人気みたいです。管理人も使ってますが、朝にサッと塗るだけだし、効果も長続きしてオススメです。ただし、制汗効果があまりないらしくて、ワキの下に汗をかきやすいのが難点ですね(ーー;)