ワキガ

ワキガだと思い込む人

たまに、ワキガじゃないのに、自分はワキガで臭いんだ、と思い込んでしまう人がいます。「臭うかもしれない症候群」とか「自己臭症」とか呼ばれる症状です。


「臭うかもしれない症候群」とは、妄想で"自分は臭い"と思い込んでしまっている状態のこと、「自己臭症」は神経症の一種で、潔癖症の人がかかりやすい症状なんですが、どちらにしても非常にやっかいな症状です。


なぜなら、本人は"自分は臭い"と思い込んでしまっているので、その臭いのせいで人に嫌われてしまうと思い、だんだん人と会うのを避け始め、最終的には家に引きこもってしまうところまでいってしまうことがあるんです。


ここまでいってしまうと、周りの人が「あなたは全然臭くないよ」と言っても、まったく信じなくなります。そして、精神的にどんどん追い詰められていきます。最終的には「対人恐怖症」までいってしまい、まともな社会生活を送れなくなってしまうんです。


こうならないために大切なのは、まず"自分がワキガなのか、ワキガじゃないのか"をはっきりさせること。自分がワキガなのか、ワキガじゃないのかがわかれば、それだけでかなり安定することができます。


わきがならきちんと治療すればいいですし、わきがじゃないなら、それだけで一安心。後はワキガになってしまわないように、食生活や環境に気をつけていけばいいですからね。


自分がワキガなのか、ワキガじゃないのか、は専門家の診察を受ければ、はっきりさせることができます。「私ってわきが?」と悩んでいる人は、一度専門家の診察を受けてみてくださいね。