ワキガ

ワキガの原因をもう少し詳しく

最初のページで、ワキガの原因は"アポクリン汗"、"エクリン汗"、"皮脂"、"細菌"の4つで、一言でいうと「アポクリン汗と皮脂が、エクリン汗の湿り気で混ざり合い、それを細菌が分解する」ことでワキガが発生する、と説明しましたよね。ここでは、このわきがの原因について、もう少し詳しく説明していきたいと思います。

アポクリン汗とは

アポクリン汗とは"アポクリン汗腺"から分泌される汗のことで、硬い体毛の生えてるところ(頭以外)などの限られた部位からしか分泌されません。


このアポクリン汗には、「タンパク質、脂質、糖類、アンモニア、鉄分、蛍光物質、色素」などの成分が多量に含まれていて、この含まれている成分を細菌が分解すると、特殊な臭いを発するようになります。つまり、ワキガの原因の中でも、一番大きい原因になっているのが、このアポクリン汗なんです。


ちなみに、このアポクリン汗は、私たち人間の祖先の間では、フェロモンとして機能していたんじゃないか、と考えられているそうです。

エクリン汗とは

エクリン汗とは"エクリン汗腺"から分泌される汗のことで、体のほとんどの場所から分泌されています。私たちが「汗」と言われて思い浮かべる汗は、このエクリン汗だと思ってください。


含まれている成分も、「99%が水分で、残りの1%がナトリウムや塩素」とワキガの原因になるような成分は含まれていません。


ですが、アポクリン汗と皮脂が混ざり合う原因になっていますし、エクリン汗は大量に分泌されるので、わきがの悪臭が拡散する原因にもなっています。

皮脂とは

皮脂とは"皮脂腺"から分泌されるもので、エクリン汗と混ざり合って、皮膚や毛髪を守る天然のクリームのような役割をしています。ただし、アポクリン汗と混ざり合うと、ワキガの原因にもなってしまうわけです。


ちなみに、分泌された皮脂の約85%は細菌によって分解され、特殊な臭いがする"脂肪酸"になってしまうそうです。